スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

昼は私の戦場です

 2011-10-08
堅苦しいことを言うようだけど、
この内容は歌っちゃいけないような気がした「ヒルナンデスー」。

というのも、これは

「自分の欲が満たすためならば、誰を傷つけても構わない」

という内容だからです。
これまで歌ってきた話と矛盾しちゃう。

「そんなーお昼ご飯の話ごときでー」
って思われると思うんだけど、例外は作っちゃいけない。
何が「ごとき」で何が「そうでない」のかがわかんなくなっちゃう。

「譲り合う気持ちこそが大事なんですー」

って歌ってるなら、どんな状況でもそれを貫くべき…
というか本当に思ってるならランチであろうとなんだろうと
こういう争奪戦には眉をひそめてしまうと思うんだけどなぁ。

「誰かと戦えと言われても僕は絶対戦いたくない!」
※ただし言いがかりつけられて自分の身が危なくなったときは除く

「誰かを思いやる気持ちが大事だよね。」
※ただしどうしても食べたいランチに関しては除く

都合のいいときだけ「※ただし」では、ただの「カッコイイこと言いたい人」になっちゃうよ。
スポンサーサイト
カテゴリ :みときち日記 トラックバック(-) コメント(2)
タグ :

「Jewel In Our Hearts」

 2011-09-30
アルバム聴いたー。

「互いの中の弱さやずるさを変えようとあきらめないで支え合えている」

は「ないわー」と思った(笑)

相手のことを「変えよう」って気持ちが乱暴だと思う。
弱いところやずるいところだってそれが悪いって誰が決めるの?って思うし。

「好きになれないものは無理せずに 知らん顔するのも思いやり
いいと思うところがあったら思い切りほめあって喜んでいる」

ってほうがずっと自然な気がするんだけどなー。

ダメなところを知らん顔するなんて本当の優しさではないことに気付いたんだ!(キリッ

って感じなのかな(笑)
カテゴリ :みときち日記 トラックバック(-) コメント(2)
タグ :

「ウソも方便」は悪いウソ?

 2011-09-12
ちょっと前にブログを開設してみました。
いや、別にこの日記と大きく違うわけでもないんですが、
スッキリとまとめたい気がしたので。

「みときちの割とメンドクサイ思考回路」
http://blog.livedoor.jp/mitokichi_fineday/

【その2】までいってます(笑)

■「ウソも方便」

「ウソも方便って言うじゃない、あなた」みたいな(笑)。
それは悪いウソですからね(笑)。


前回のインタビュー記事より。

いやいやいや。そんなことはない。
なぜ世の中に「建前」というものが存在するのか。
そこに「誰かのための優しさ」が含まれてるからだと思うのです。

今さらな話ですが、最初から守る気がない(と取れる)

「覚せい剤を撲滅するような歌を作っていきたい」
「奥村被告と会うつもりはありません」

ってものすごくその場しのぎな「ウソも方便」な感じがするんだけどなぁ。
(撲滅するような歌がライフソングなんだ!って取れなくもないけど)

「悪く言われれば平気じゃない」っていうなら、
その「悪さ」も含めて「本当」なんだよ、とか思ったりするわけで。
カテゴリ :みときち日記 トラックバック(-) コメント(4)
タグ :

「何ベクレルかを心配するよりも」

 2011-08-16
アルバムに関するインタビューを読みました。

http://www.neowing.co.jp/music/essentials/noriyuki_makihara3.html

個人的な感想はとりあえず何も言わないので、
これを読んでの感想を、もしよかったら聞かせていただきたいです。

それに対してレスもしないし、ホント、匿名でまったく構わないので
掲示板みたいな形で何か書き込んでいってくれるとありがたいです。
カテゴリ :みときち日記 トラックバック(-) コメント(8)
タグ :

壊れた原子炉と白い嘘

 2011-08-12
CD買ってなかったりするんですが。
話題になってて興味深いので、自分なりにちょっとあれこれ書いてみる。

■「壊れた原子炉より」云々

すごく挑戦的な歌詞なんだけど、「深く突っ込んで話してる」感じがしないんですよ。
なんだか上っ面だけ見て語っちゃってるような感覚。
「ありがとう」が大事ですよ、を伝えるのにこんな例えはいらない。

「僕いいこと言ってるからみんな話題にしてよ!
正論には反対意見はつきものだけど、そんなくだらない意見に抗う自分カッコイイんだよ」
的な匂いがしなくもなかったりするんですが。(「お前がいうな」って?(笑))

「文句ばっかり言ってるけど、当たり前のように使ってたくせに何で悪く言う?」
みたいな気持ちはわからんでもないです。

ただ。

「本心はどうであれ、相手がイヤな思いをしたならばそれは言葉の暴力」

というのがすっぽりと抜けている。と思います。

そんなつもりがなくても、相手が傷ついたなら、それはもう立派に暴力をふるってるんですよ。
「僕いじめてないもん!」なんて傷つけた側が主張しても
傷ついた側にしてみればそんなの全然関係ないんです。
いつもの「ココロノコンパス理論」がとうとうやらかしちゃったなー、って感じ。
(「ココロノコンパス理論」=「善意でやったことなら誰も傷つけることはない」的な考え方。今命名した(笑))

いや、「誰を傷つけたって構わない」ってスタンスの人ならいいんです。
そうじゃないからなんかいろいろおかしなことになる。

「事件があってよかったんですよー。こういうことに気付けましたから!」
的な話が嫌いな理由として、迷惑や被害をこうむった人間のことを考えてない、
なんて部分が大きかったりするのですが、今回のもまさにそれに近い香りがします。

原爆で苦しんでる人に『原爆落ちてよかったですね!いろいろ気付けたじゃないですか!』
なんて言えないでしょ、みたいなことよく思ってたんですけど、
言っちゃえるんだなぁ、とある意味感心しちゃったりなんかして。

全国ツアー、東北のほうも回ると思うんだけど
この曲を現地で歌うのかと思うと胸が熱くなるね!
たぶん注釈的にMCであれこれ解説してくれそうな気はするんですけど。

■「どうして悪く言える?」

「どうして悪く言える」と、「悪く言う人を悪く言う」というのは、
その時点で同じ穴のムジナだと思うんですね。

悪く言う人にも理由がある。大した理由かもしれないし、すごい理由かもしれない。
そのあたりの背景を何も知らないのに、どうして悪く言える?とか思うわけですよ。
で、それを非難した時点で自分もそれに対して「悪く言ってる」わけで、
結局のところ「お互いさま」になってしまう。

ので、「悪く言うのよくない!」って相手を悪く言うのは、その時点で矛盾をはらんでるんだな、
なんて思ったりするわけです。
個人的には「どんな言葉であれ、発すれば誰かを傷つけちゃうよね」って思うんですけども。

■「白い嘘」
個人的にはこれが一番よろしくない。と思う。

「どんな試練も理由があるから起こる」(キリッ

と言われましても。
何の罪もない、なんでこの人が犠牲にならなきゃならないんだ、って人が
どれだけの犠牲になったことか。
「抱えた苦しみは誰のせい?自分のせい!他人を責めるのはよくない!」
いやいや。自分がどういう立ち振る舞いをしていようと、悪いことが起こるときは起こる。

犠牲になった人にとってみれば、
「大事なことを気付かせてくれるため」とか
「これから先を思うとあってよかったこと」とかどうでもいい話なんですよね。
だってもう「気付くこと」も「これから先」もないんだもの。


結局、これまでさんざん歌ってきたような
「ありがとう」とか「自己責任」とかで太刀打ちできる話題じゃないんですよ。
何らかの被害を受けた者に対して「感謝できない人間が悪い」みたいな話して
相手がいい気持ちになるはずがない。反感買うだけでしょ。
もし正論だったとしても、それは理屈だけで感情が足りない。
人の心は理論だけでできてるわけじゃないんだよ。教科書通りになんていかない。

これはあちこちでも言われてることだけど、

「大した被害も受けずぬくぬくとおいしいもの食べてセレブな毎日を送っている人間が言える言葉」

の範疇を越えてるんじゃないかな、と思う。

「いいこと言うなー」「いろいろ考えさせてくれるなー」
って思われたかったかもしれないけど、今回に関して言えば
これに対して怒りを覚える人、悲しくなる人を増やしただけなんじゃないのか、なんて思ったりも。

これまで見てきた「ライフソングの浅はかさ」が
こういう状況で世間的にアゲインストになっちゃった印象。
自信満々に問題提起してみたけど、賛同してくれる人はそんなにいなかった、みたいな。
擁護してくれる人はいるんだけど、それと賛同とはまた違う。

これでまた「世の中わからん人間ばっかりだ。自分の正しさだけを信じていこう」
ってなりそうな気がしなくもないんだけど、
こんなとき大事なのはたぶん、「自分の意見が悪いのかな」って疑うことだと思うんですね。

何かを気付かせてくれるのは神様だけじゃない。
気付こうと思えばいろんな人が気付かせてくれます。
聞く耳を持つか持たないかの話だけで。


なんかつらつらとヘンな文章になっちゃいましたが、ざっとそんなことを思ったりしました。

あ、余談。
「普通に結婚して子供を授かって、以外は幸せじゃない」
とか、あんまりそういう時代じゃないんじゃないかなぁ。
カテゴリ :みときち日記 トラックバック(-) コメント(16)
タグ :

「正しさ」って誰のためのもの

 2011-08-01
って思うと、やっぱり自分のため以外の何物でもないんだと思う。

「自分の正しさを信じる」ことで勇気付けられるのは自分自身で、
そこに「他の誰か」ってのはまったく関係してこないんだなー、と。
あくまで自分自身をまもるためにある。
誰かを守るためでもないし、責めるためのものでもない。

知らないうちにただしさが誰かを救ったり傷つけちゃったりするかもしれないけど、
それは副次的な作用なんだと思う

と、漠然とそんなことを考えたりするのでありました。
カテゴリ :みときち日記 トラックバック(-) コメント(2)
タグ :

なんかみときちが就職したらしい

 2011-07-03
もう無職とは言わせない(笑)

1年半近くくすぶっていましたが、
職業訓練に通ったことなど、その期間に勉強したことが無駄なく生きています。
ありがたいことに、そういう職につくことができました。

さて、明日からもがんばるぞー。
カテゴリ :みときち日記 トラックバック(-) コメント(6)
タグ :

「本当だった」

 2011-06-08
「そんなことで壊れるようなものなんてそれだけのもので、ニセモノだったんだよ」

って言い切っちゃう人よりも

「連れ出さなくてよかったことも 愛していたのも 本当だったと笑ってる」

って言える人間のほうが好き。…だなぁとふと思いました。
カテゴリ :みときち日記 トラックバック(-) コメント(4)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。